TOP >  お酒の雑学  >  ショートカクテルとロングカクテル

ショートカクテルとロングカクテル

スポンサードリンク

ショートカクテルとロングカクテル
この名前を聞いた事をある人は多いと思います。

では、ショートとロングの違いって何か知っていますか?


ロングカクテルと言えばカシスオレンジのような細長いグラス
ショートカクテルと言えばマティーニのようなカクテルグラス
だから、ショートとロングの違いはグラスの違い。

…と、勘違いしている人がとても多いのですが、これは間違いです。^^;

例えばワイングラスやブランデーグラスを使うカクテルはどうでしょう。
ロックグラスを使うカクテルや、ジョッキのカクテルもあります。
ワイングラスですと大きさも色々ありますね。

実は、ショートとロングの違いはグラスではなくて飲む時間

ショートは時間をかけず素早く飲むからショート
ロングはゆっくりと時間をかけて飲むからロングなんです。^^


ショートカクテルとロングカクテルでは
全部飲んだ場合のアルコール量はあまり差がありません

ショートカクテルの場合
何種類かのお酒を合わせて60mlくらいになるように作りますが
ロングカクテルはこれをソーダなどで割っているだけだったりします。

ショートよりも使うアルコールの量が少ない事も多いですが
それでも45ml程度使うので、あまり違いはありませんね。^^


ただ、ショートカクテルの場合
割り物が入っていない分アルコール度数は高めなのと
短時間で飲むので酔いやすいといえます。

お酒が弱い人は
ロングカクテルをゆっくり楽しむ方がいいかも
しれませんね。

関連エントリー

TOP >  お酒の雑学  >  ショートカクテルとロングカクテル

このサイトについて


お酒を上手に飲みたい

お酒初心者の人、お酒の事を

知りたい人のために。

酒飲み夫を持つ、お酒の

飲めない元バーテンダーの

私が作ったサイトです。

お酒と上手に付き合いたい

と思う人のお役に立てれば

嬉しいです。