TOP >  お酒を自宅で楽しもう  >  日本酒にあうおつまみ

日本酒にあうおつまみ

スポンサードリンク

雪冷え、花冷え、涼冷えって聞いたことありますか?
これは日本酒を冷やして飲む時の温度の名前
それぞれ5℃、10℃、15℃となっています。

日本らしい風流な呼び名で、本当にステキですね。^^

日本酒は飲み方のバリエーションが豊富です
特に、熱燗やぬる燗といった「温めて飲む」というのは
ほんとうに珍しい飲み方だと思います。

豊かな四季に恵まれた日本、そこで育まれた日本酒は
温めたり冷やしたりする事で一年中、季節を感じながら楽しめる
まさに、日本のためのお酒だと思います。

日本酒の魅力は僅かな温度の違いでも
表情をガラリと変えてしまう繊細さ。

ですから、それに合わせるおつまみは
その繊細さを壊してしまわないものがいいでしょう


日本酒の繊細さを壊さないおつまみは、ずばり和食です。
日本で生まれた日本酒に、日本生まれの和食が合うのは当然ですね。^^

和食の中でもとくに魚料理は日本酒と相性ぴったり
おつまみのことを「肴(さかな)」というのも偶然ではないと思います。

旬の魚を刺身や塩焼き、時には煮魚で。
夏は冷酒、冬は燗で。
コタツで鍋をつつきながら冷酒…というのも乙かもしれません。^^

素材そのものの味を楽しむのが和食の伝統。
お酒もつまみも余り手を加えず、旬の味わいを楽しめば
豊かな四季を感じられそうです。

他のお酒にない「滋味」も、日本酒の魅力かもしれませんね。^^




関連エントリー

TOP >  お酒を自宅で楽しもう  >  日本酒にあうおつまみ

このサイトについて


お酒を上手に飲みたい

お酒初心者の人、お酒の事を

知りたい人のために。

酒飲み夫を持つ、お酒の

飲めない元バーテンダーの

私が作ったサイトです。

お酒と上手に付き合いたい

と思う人のお役に立てれば

嬉しいです。