TOP >  お酒の基礎知識  >  お酒とダイエット

お酒とダイエット

スポンサードリンク

よく「お酒は太る」という話を聞きますね。
ダイエットに敏感な女性はもちろん、メタボが怖い男性も
お酒と肥満の関係は気になるところですよね。

痩せたいけれどお酒は飲みたい!と言う人もたくさんいるはず。
飲みながら痩せるのは無理なのでしょうか。


とても極端な例かもしれませんが
食べ物を買うお金もお酒にしてしまうほどのアルコール中毒の人は
ほとんど痩せています。

もし、お酒そのものが太るとしたら
重度のアルコール中毒の人はみんな肥満のはず。
実際は逆ですので、お酒と肥満は余り関係ない事が分かります

そもそも、お酒のカロリーは割りと低く
糖分の多いリキュールやでもない限り
ほとんど肥満の原因にはならないそうです。


しかし、火のない所に…というように
お酒を飲むと太ると言われる原因があるはず。

その原因は、ずばり「おつまみ」です。

お酒を飲むと味覚が麻痺してしまうので
味の濃いものを食べるようになってしまいます。

味の濃いものは大抵カロリーが高いので
太ってしまうというわけです。

このほかにも、お酒を飲むのは大抵夜なので
おつまみのカロリーを消費できなかったり
お酒の「食欲増進効果」が原因で食べ過ぎるというのもあるようです。

ダイエットやメタボが気になる人は
飲むのを止める必要はないと思いますが
お酒の量はほどほどに、おつまみも調節してくださいね。

関連エントリー

TOP >  お酒の基礎知識  >  お酒とダイエット

このサイトについて


お酒を上手に飲みたい

お酒初心者の人、お酒の事を

知りたい人のために。

酒飲み夫を持つ、お酒の

飲めない元バーテンダーの

私が作ったサイトです。

お酒と上手に付き合いたい

と思う人のお役に立てれば

嬉しいです。