TOP >  お酒をバーでを楽しもう  >  バーの種類

バーの種類

スポンサードリンク

「バー」とひとことで言っても、行ったことがないと
バーテンダーがいてカクテルを作ってくれるところ
というイメージしか沸きませんよね。

私自身、あまりお酒が飲めない方なので
自分がバーテンダーになるまでそういうイメージしかありませんでした^^;
でも、自分がバーテンダーになって、勉強するうちに
バーにもいろんな種類があることを知ったんです。


まず、マンガ「バーテンダー」や「レモンハート」に登場するような
知識と技術でお客さんを満足させる、正統派のバーを
「オーセンティックバー」といいます。
お酒を本格的に楽しみたい人向けですね。

食べ物はほとんどありませんので、先に食事をして行きましょう。^^
最近数が減っているそうですが、一軒は知っておきたいですね。


最近増えているのは、食事も出来る「ダイニングバー」
全体的に明るくてテーブル席が多く、小人数のパーティや
お酒を飲みながらのディナーに最適です。


「オーセンティックバー」をとカジュアルにしたのが「ショットバー」
値段もリーズナブルで、ダイニングバーよりお酒の種類も豊富。
軽食を置いているところも多いので、小腹が空いても大丈夫です。


全てのお店がはっきりと区別できるわけではありませんが
大きく分けてこの三つになります。
数あるお店の中から、飲み方のスタイルでお店を選べるようになれば
バーの使い方も幅が広がるかもしれませんね。

関連エントリー

TOP >  お酒をバーでを楽しもう  >  バーの種類

このサイトについて


お酒を上手に飲みたい

お酒初心者の人、お酒の事を

知りたい人のために。

酒飲み夫を持つ、お酒の

飲めない元バーテンダーの

私が作ったサイトです。

お酒と上手に付き合いたい

と思う人のお役に立てれば

嬉しいです。